AQS 安心の構造

三陽建設 では全棟構造計算を実

巨大地震の揺れを抑える制震システム『GVA(ジーバ)』

建物を揺らすのは『エネルギー』。<br />そのエネルギーが“ゼロ”になるまで、建物は止まらない。

『GVA(ジーバ)』とは、制震材を組み込んだダイヤモンド型の制震装置を建物に最適なバランスで設置するシステムのことです。
制震ダンパー、フレーム形状、設置バランスなどシステム全体で最適なエネルギー吸収効果を建物に付加します。

制震ダンパー『GVA』

制震ダンパー『GVA(ジーバ)』の特徴

制震ダンパー『GVA』

  • 強い地震の揺れを最大70%軽減
  • 「揺れ」を「熱」に変換して吸収
  • 何度も繰り返す余震にも効果

計算しつくされた制震システムで住まいを揺れから守ります。

強度は無垢材の1.5倍

構造集成材

また、AQSに使用する構造集成材は、 北米、北欧の工場から直接輸入しています。良質な部分だけを貼り合わせていますので曲がりやネジレといった変化が極めて少なくなり、強度的にはムク材の1.5倍の強さになります。

鉄筋コンクリートベタ基礎

「アンカーボルト」の設置方法比較
三陽建設 のベタ基礎

ベタ基礎は基礎の底全体で、家の荷重を受け止め、地盤から面で支えています。
また、地面をコンクリートで覆うので地面から上がってくる蒸気を防ぐため、シロアリ対策にも有効です。

更地だった土地に1日で建物が?!

上棟

サンヨウの1日上棟は感動的です。

朝始まり夕方には構造体の家が姿を見せます。
工期が短くなり、重機などでご近所様に ご迷惑をお掛けする期間も短くなります。

現場での発泡施工で細かい部分の隙間を解消

アクアフォーム吹付け

アクアフォームは住宅の隅から隅まで家全体をすっぽり覆ってしまう
現場吹き付け発泡による断熱工事です。

無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームの特性を大いに発揮し、グラスウール10kの約1.5倍の断熱効果を保持しています。また透湿性も低く断熱材内部に湿気を通しにくいため、壁体内の結露を抑制し、建物の耐久性を高めます。

熱の出入りが減ると、エアコンの仕事が減る。いい窓を選ぶことはエコです。

Low-eガラス図解

アルミ樹脂複合+Low-E複層ガラスだから
熱の出入りを軽減します。

2枚のガラスの空気層とガラス内側の金属コーティングにより熱の伝わりを軽減。単板ガラスの約4倍の断熱効果を発揮します。

目的別に選択できるガラスで
よりよい効果が得られます。

夏場の冷房効果を高める遮熱タイプと冬場の暖房効果を高める断熱タイプをお選びいただけます。

タイガーハイクリンボード

タイガーハイクリンボード

タイガー ハイクリンボード

せっこうボードの優れた性能を保持したまま、「シックハウス症候群」の原因となっているホルムアルデヒドを吸収し、さらに分解します。クリーンで快適な空間をみなさまにお届けします。
(特許第4213365号)

石膏ボードによる木造床工法

石膏ボードの床図解

構造用床材とフローリングの間に、防音石膏ボードを施工することで、耐火性能と遮音性能を向上させます。

防音効果

石膏ボードの床の防音効果は
三陽建設のお店でご体感いただけます。

防音床実験

 

お問い合わせ

資料請求
お電話でのお問い合せ 0120-55-3934 
営業時間:9:00~18:00 定休日:

お問い合わせ

資料請求
お電話でのお問い合せ 0120-55-3934 
営業時間:9:00~18:00 定休日: