京町屋

日本の伝統的な住宅の中で、おそらく誰もが聞いた事があるであろう京町屋

夏の蒸し暑さが特徴的な京都で生まれた住宅には様々な工夫がされています。

(日本で住宅を建てるには、まず夏を過ごしやすくが基本に考えられてきました。)

京町屋の特徴として

表格子や虫籠窓はブラインドの様な役目をします。

夏は、襖や障子をすだれや簀戸(すだれをはめ込んだ建具)に替え風を通していました。

もっともよく考えられているのは、通り庭(表から奥まで続く土間)の奥に坪庭があり

坪庭に水を差すことによって出来る温度差によって風を建物の奥まで通ります。

エアコンもない時代にも考えられた、実に風流を感じる仕組みです。

皆さまも町屋の四季を体験しにいってみてください。