雑居ビル外部補修・改装(長田区)②:外壁タイル撤去部分補修

 道路管理課様からの指示通り足場からの落下防止措置も終え

細部にわたって剥落の恐れがあるタイル部分は全て取り除きました。

 当初はエポキシ樹脂等による注入接着工法で

外壁と一体化させる案も検討されましたが

劣化の進み具合やタイルからコンクリート躯体までの

が下地モルタル部分が想像以上に分厚かったことから

完全補修は不可能と判断。

 幸い「周囲既存タイル仕上の復旧に拘らない。」

というオーナー様からの譲歩意向もあり

全面塗装仕上での下地補修が始まりました。